[レビュー]快適操作!ジョイスティック雲台 324RC2 ファーストインプレッション

以前書いた三脚からのカメラ落下対策ですが,ついに導入しました!

自由雲台の閉め忘れを防止するために手を離せば固定されるという優れもの,ジョイスティック雲台をIYHしました!

IMG_5489.jpg
さらば!三脚付属の雲台!

スポンサーリンク

購入情報

製品名:Manfrotto ジョイスティック雲台 324RC2
購入場所:ヨドバシカメラ新宿西口店
購入金額:11800円(ポイント10%)

外観

それでは外観から見ていきます.

DSC03965.jpg
DSC03966.jpg
DSC03967.jpg
DSC03968.jpg
グリップ部分が大きいですね.
クイックシューを取り付ける部分の横の緑は水準器です.
最近はカメラに電子水準器が搭載されることが多いのであまり出番はないですけどね.

グリップ裏のダイヤルは固定強度を調整することができます.

三脚に取り付けてみた!

DSC03977.jpg
実際にManfrotto コンパクト三脚 Befreeに取り付けてみました.
明らかに雲台がでかいのがわかると思いますw

DSC03978.jpg
もちろん縦撮りも可能です.

DSC03979.jpg
実際にカメラを取り付けてみるとこんな感じ.
フルサイズカメラには丁度良い感じですね.
ミラーレスにはちょっと大げさかなぁと思います.

使ってみた!

ヨドバシカメラで買ってそのまま撮影に向かいましたw
三脚といえばやっぱり夜景ですよね.

またもや暗い場所で始めて使うことに・・・w

が!

やっぱり違いました!
安定感と操作性が段違いでしたね.
EOS 6DとEF24-70mm F4L IS USMで挑みましたがぶれることなくスムーズに撮影を行うことができました.
左手でレンズを押さえて,右手で雲台を操作しましたが,雲台を固定するという動作がないだけでここまで違うのかと驚きましたね.
ここまで想定通りに使えたのは珍しいですw

編集後記

落下事故後,悩みに悩んで決めたジョイスティック雲台でしたが,買って本当に大正解でした!

今回は耐荷重が3.5kgの一番安いモデルを購入しましたが,フルサイズと標準ズームのセット程度なら十分なスペックでしたね.
1.5Kgクラスのレンズを使うのはちょっと厳しいかなぁという感じなので,耐荷重5.5kgの327RC2がいいと思います.

持ち運んでみてわかったのはやっぱりかさばるということですかねw
雲台を三脚に取り付けたまま運ぶといろいろなところにぶつかってヒヤヒヤしましたw
ただ今回求めたのは持ち運びやすさよりも,操作性なので仕方ないですね.

雲台はだいたい三脚とセットのものを使うことが多いと思います.
でも,雲台は交換可能なので自分の求めたものを探して使ってみると,より三脚を使った撮影を楽しめるのかもしれませんね.

普段使ってる雲台でちょっとでも「ここもっと使いやすくならないかなぁ?」と思ったら実際に店頭へ行って雲台に触れてみることをオススメします!

この三脚にはちょっとでかすぎたかなw
でもバランスは悪くないので試してみる価値はあります!

スポンサーリンク