docomoの無料通話わけあえはややこしかった

これまでauの無料通話分け合いを使っててdocomoも同じ仕組みだろうと思っていたら違ったw

・前提条件
1台目:無料通話1000円,1ヶ月の電話利用はなし
2台目:無料通話1000円,1ヶ月の電話利用は2000円分
※どちらとも9月1日に新規契約したとする。

・au(9月)
2台目の電話代は2台の合計無料通話2000円から割り振られるので9月の電話料金は0円
・docomo(9月)
2台目の電話代は2台目の無料通話1000円から割り振られるので9月の電話料金は1000円
1台目の無料通話は翌月に繰り越される(1000円繰り越し)

・au(10月)
2台目の電話代は2台の合計無料通話2000円から割り振られるので10月の電話料金は0円
・docomo(10月)
2台目の電話代は2台目の無料通話1000円から割り振られるので10月の電話料金は1000円
1台目の無料通話は翌月に繰り越される(9月分と10月分併せて2000円繰り越し)

・au(11月)
2台目の電話代は2台の合計無料通話2000円から割り振られるので11月の電話料金は0円
・docomo(11月)
2台目の電話代は2台目の無料通話1000円と1台目の繰り越し1000円(9月分)から割り振られるので11月の電話料金は0円 1台目の無料通話は翌月に繰り越される(10月分と11月分併せて2000円繰り越し)

つまりdocomoの場合まず1台目の中で無料通話が2ヶ月繰り越しされたあとさらに残っていた場合2ヶ月後の他の電話料金に分け合いができるというわけ。
家族内で無料通話を分け合えるようになるには最低2ヶ月かかるというわけ。
ちなみに今回は1台目が通話しない設定としたためこうなったが1台目が普通に電話をしているとなかなか発生しないと考えたほうがいい。

・前提条件
1台目:無料通話1000円,1ヶ月の電話利用は500円分
2台目:無料通話1000円,1ヶ月の電話利用は1500円分
※どちらとも9月1日に新規契約したとする。

・docomo(9月)
1台目:無料通話500円を翌月に繰り越し
2台目:無料通話は使い切ったため電話料金は500円

・docomo(10月)
1台目:9月からの繰り越しで相殺。繰り越しは1000円(10月分)
2台目:無料通話は使い切ったため電話料金は500円

・docomo(11月)
1台目:10月からの繰り越しで相殺。繰り越しは500円(10月分)+1000円(11月分)
2台目:無料通話は使い切ったため電話料金は500円

・docomo(12月)
1台目:10月からの繰り越しで相殺。繰り越しは1000円(11月分)+1000円(12月分)
2台目:無料通話は使い切ったため電話料金は500円

・docomo(1月)
1台目:11月からの繰り越しで相殺。繰り越しは1000円(12月分)+1000円(1月分)
2台目:ここでようやく1台目の無料通話が2ヶ月繰り越してなおかつ余ったため1台目の11月分の無料通話が分け合いできる。

このように使っていると無料通話が分け合いできるようになるまで5月もかかってしまう。
もし1台目が途中で1000円以上使ってしまったりするとさらに遠のくわけ・・・
音声回線を寝かせで使っている場合は2ヶ月以降、普通に使っている場合はなかなか無料通話の分け合いができないということがわかる。

ちなみに無料通話の分け合いについては

・FOMA(音声契約)の無料通話をXi(音声契約)で使うことは可能
・無料通話の分け合いの適用はファミリー割引を組んでいる中で可能だが、一括支払内への分け合いのほうが優先順位が高い。一括支払い内で分け合い→それでも無料通話が余った→一括支払い外への適用となる。

ドコモショップでながながと聞いてきました。
担当の方ありがとうございました。

無料通話の分け合いについてはdocomoの「2ヶ月くりこせて、さらにわけあえる」というのは良いように見えてあまりよくなく、auの「個人でずっと繰り越し(上限あり)or家族内で分け合える(当月から)」のほうがいいのかなぁとは個人的に思う。
docomoもauみたいない繰り越しか分け合いが選べるになりませんかね?w

スポンサーリンク