Macbook 2017ではなくiPad Pro 10.5を選んだ理由

もともとはiPad Pro 10.5とMacbook 2017を買う予定だった。
実際iPad Pro 10.5 64GBとMacbook 2017を一旦注文している。
しかしよくよく考えてみると両方買うと20万越えでキツイ・・・
ということでどちらかを買うのをやめようとなったわけである。

スポンサーリンク

優先度的にはiPadのほうが高い

iPadとMacbookを買ったとしてどちらをよく使うことになるか考えてみた。
MacbookはデスクトップPCやMacbookPro13で代わりが務まるが、iPadはなかなか代わりが務まらない。
以前iPad Air2を持っており、手放してから結構不便を感じているというのもある。
となるとやはりiPadのほうが利用頻度が高くなるだろうと考えた。

やっぱりキーボード入力が欲しい

ごくたまぁ~に外出先でキーボード入力が欲しくなることがある。
これがMacbookを欲しかった理由なのだが、iPadでもキーボード入力ができないわけではない。
これまでUS配列のみだったSmart Keyboardだが、今回からJIS配列も発売されることになった。
Macbookレベルまでとは言えないが、そこそこ使えるくらいは期待したい。

とりあえずiPad Pro 10.5だけで使ってみよう

ここまで来るとiPadを選ばない理由がなくなってしまったので、ひとまずiPadだけ購入してみようと思う。
キーボード入力に関して外部IMEが使えない点が心配だが、使う頻度も低いと思われるので大丈夫だろう。
最悪Macbook 2017を買ってもいいかな?とも思ってたりするw

購入したのはiPad Pro 10.5 ゴールド 256GB + Smart Keyboard(JIS)

64GBと256GBで悩んだのだが、10000円アップで容量4倍の戦略にはまり256GBを買うことにした。
iPhoneと違い普通に発売日に届くようだ。
どの程度使うことができるか楽しみにしたいと思う。

スポンサーリンク