つまみ入力デバイス「PowerMate」購入レビュー

増税前IYHシリーズ第3弾.
今回は前々から買おう買おうと思っていたつまみ入力デバイス「PowerMate」です.

公式ではWindows7以降の対応を明記してはいませんが,Windows8.1の環境で使えています.

http://griffintechnology.com/support/powermate
PowerMate Support | Griffin Technology
スポンサーリンク

つまみ入力デバイス?

簡単に言うといろいろな操作をボリューム変更のようにつまみで実施することができます.
音量調整はもちろん,Lightroomでの数値の微調整などさまざまな用途で利用が可能です.
設定はソフト毎に可能で,ソフトにあったカスタマイズを行うことが可能となっています.

開封レビュー

BX4R2681.jpg
パッケージ.

BX4R2683.jpg
取り出してみた.
アルミ削り出しの質感がタマラナイ!

BX4R2685.jpg
付属品は延長ケーブルのみ.

BX4R2686.jpg
iPhone5と大きさ比較.
結構大きめなので使いやすい.

BX4R2688.jpg
実際に使っているところ.
通電すると底面が青く光ります.
カッコイイ!

編集後記

早速Lightroomで使って現像をしてみました.

image

とりあえずということで2つだけ設定してみました.
右回りに「↑」キー,左回りに「↓」キーを割り当ててみました.

image

この辺りの数値を簡単に調整することができます.
前まではマウスでやっていたので,細かい調整が楽にできます.

今のところ設定したのはLightroomの一部のみですが,他のソフトでも設定をして使いやすくしてきたいところです.

右手にマウス,左手に「PowerMate」というのが想像以上に自然に使うことができています.
写真のレタッチの他にも,映像編集やイラストにも使えそうです.
ぜひともマウスのお供に買ってみてください!

スポンサーリンク