CP+2014 フォトレポートその1 CANON PowerShot G1 X Mark II

2014年2月13日~16日にパシフィコ横浜にて開催された「CP+2014」のフォトレポート第1弾です.
今回は個人的に一番注目度が高かった「CANON PowerShot G1 X Mark II」についてです.

スポンサーリンク

PowerShot G1 X Mark II

http://www.cpplus.jp/
カメラと写真映像の情報発信イベント CP+2014

4X3A1532.jpg
やってきましたキヤノンブース.

4X3A1533.jpg
お目当てはなんといってもこれ!
約2年ぶりにリニューアルとなったPowerShot G1 Xの新商品「PowerShot G1 X Mark II」です.

前モデルからの変更点

焦点距離:28-112mm F2.8-5.8 → 24-120mm F2-3.9
最短撮影距離:20cm → 5cm(広角側),70cm → 40cm(望遠側)
有効画素数:1430万画素 → 1310万画素

稼働液晶:フリーアングル → チルト
バッテリー:NB-10L → NB-12L

重さ: 492g → 516g

Wi-Fi機能(NFC利用可)
タッチパネル
外部EVF(光学ファインダー廃止)

フォトレビュー

3枚しかないですがw

4X3A1534.jpg
明るさの向上とマクロ性能の向上はレンズが新しくなったことによるもの.
1.5型というセンサーサイズでよくぞこの大きさに納めた!といった感じ.
コントロールリングは2つあり「デュアルコントロールリング」と呼ばれています.

スムーズリング:ズーム,フォーカス,絞り,シャッター速度
クリックリング:絞り,シャッター速度,露出補正,電子ダイヤル機能

MF時スムーズリングでピント調整は可能なものの,回す量に対してピントの移動距離がものすごく短いので,MFはあくまで微調整用とのことでした.

4X3A1535.jpg
キヤノンで初めて搭載となった上向き180度チルト液晶.
いったいG1X2はどういった層に売りたいのかよくわからなくなる機能ですねw
スタッフの人によるとG1X2は一眼レフのサブ機を狙っているみたいですが,チルト液晶は女の人向けなような・・・

4X3A1536.jpg
G1X2のチルト機能は特殊な作りとなっていて,SONYのNEXのようなつもり触るとちょっと怖いです.
一応強度は大丈夫と言っていましたが,ヒンジが壊れないか心配w
また上向きにする際はコツがあり,少し強めに持ち上げないとロックが外れなくなっています.
チルト機能については実際に手にとって試してみることオススメします.

その他気になったところ

普段から大きいカメラを使っているからか小さく感じたけれど,コンデジにしてはやっぱりデカイ&重い.
この重さで「女子カメラ」はちょっと・・・という感じw

沈胴式レンズなものの「デュアルコントロールリング」があるため結構かさばる.
レンズのスペックを考えると仕方ないかな.

グリップは持ちやすくホールディングもなかなかいい.
別売りのカスタムグリップも試してみたいところ.

一番気になったのはAF後のカクツキ.
「ピピッ」と合焦したあと画面が「カクッ」とします.
AFに併せてAEも行い,液晶の写りも変えているようでその辺りの影響らしいです.
ただ今回展示してあるものは試作機で量産機と異なるため,製品版では改善している可能性もあります.
ソフトの作り込みもあるでしょうし.

マクロ性能についてはうまく合焦せずなんとも微妙な結果でした.
望遠時は最短40cmのはずですが,合焦音は鳴るもののあきらかにピントがあっていない感じでしたね.
飯撮りにはいいかなぁと思っていたので,マクロが使いづらいのはちょっと・・・ですね.
前機種もマクロに泣いていたので,またですかという感じですが製品版ではきっとよくなっているはず・・・

2014年3月中旬発売予定ですが,予約しようか悩む・・・
製品版を発売前に試せるような機会があればなぁ・・・

Amazonでは3月28日発売予定になっていますね.
消費税が上がる前に買いたいという気持ちもある・・・

CP+ 2014 全記事

CP+2014 フォトレポートその1 CANON PowerShot G1 X Mark II
CP+2014 フォトレポートその2 SIGMA dp Quattro
CP+2014 フォトレポートその3 SONY~ZEISS
CP+2014 フォトレポートその4 気になるメーカー~コンパニオンさんとか

スポンサーリンク