Kindle Paperwhite,Kobo Glo,Lideoを比較

image

11月7日に発表されたBookLive専用電子書籍リーダー「Lideo」。

これで一通り電子書籍リーダーはそろったかなと。
SONYもあるけれど高いし,スペックも古いので今回はパス。

比較

・ディスプレイ
Kindle PaperwhiteとKobo Gloがフロントライト付となっている。
個人的にはこの点ですでにLideoは対象外にw

・解像度
すべてほぼ同じではないかと

・対応フォーマット
Kindle Paperwhiteが他に比べ多め。
ただEPUBに対応していないのでメルマガを読む際は注意。

・3G,Wimax
Kindle Paperwhite 3Gではdocomo,LideoではWimaxの回線が使える。
どちらも通信量は無料。

・無線LAN
どれも同じ。
速度はそれぞれ違うかもしれないので気になるところ。

・大きさ
どの機種もほぼ同じ。

・重量
Lideoが圧倒的に軽い。
こう比較してみるとKindle Paperwhiteは重いな。

・内蔵メモリー
Lideoが4GBを他に比べ多め。
Koboは外部メモリで増やせるとしてもKindle Paperwhiteはここでも劣ってしまっている。

・価格
価格はコスパ的に考えるとLideoかな。
やはりWimaxが使えるのは大きい。

全体的にみてみると・・・

個人的にはやはりKindle Paperwhiteかなと。
フロントライトは外せないのでそうなるとKoboとの比較になる。
まぁ順当に考えてAmazonを選ぶでしょう。

今回新たに発表されたLideoは書店で売ることもあり幅広い層に向けてはいいと思う。
フロントライトはまぁなくても大丈夫そうだし,通信量無料でWimaxを使うことができる。
そして安い!
しかも扱っている本の数が多いというのもでかい。
でもなんども言っている通りまだまだ電子書籍の値段が高すぎるのでいくら安くていい端末が出てもなかなか普及しないんじゃないかなぁとは思っている。

もっと出版社側が本気になるか,新たに別ルートで本を売れるようにならないと本格的な普及は難しいかも・・・

外でダウンロードしないなら3Gなしでも十分。

3G版での注意点はダウンロード容量が多い書籍は3Gではダウンロードできない。
漫画とか多く読む場合は3Gなしでも変わらないかと。

スポンサーリンク