[レビュー]ホットクックを買う前にモノカリ!で試してみた[PR]

気になっていた自動調理家電「ホットクック」を家電レンタルの「モノカリ!」を使って試してみました。
※この度「モノカリ!」を運営します株式会社スペクトル様より試用させて頂きました。

Image from Gyazo
スポンサーリンク

ホットクックをレンタルする理由

なんでわざわざレンタル代を払ってレンタルするかについてですが、以下の理由が考えられます。

  • 1回使ってみたら満足でき、必要ないかもしれない
  • 思ったより大きかったり、小さかったりするかもしれない

調理家電などは「買ってみたものの、実際ほとんど使うことなくキッチンの肥やしに・・・」なんてことがよくあると思います。
実際私もノンフライヤーなどいろいろ買って肥やしにしてきました・・・

また「ホットクック」については、ネット上でよく「大きい」「思ったよりもデカい」といった話をよく見かけるので、実際に家の中に置いてみた際にどのような感じになるのか知りたかったという点もあります。

モノカリ!とは

Image from Gyazo

「モノカリ!」とは株式会社スペクトルが運営するレンタルサービスです。
レンタルできるものとしては家電やカメラなど多岐に渡ります。

自宅で利用する他にも、空港やホテルでも受け取ることができるため旅行の際に利用することもできます。
また新宿に実際の店舗もあるため、急ぎの場合に最短当日レンタルすることができるのも特徴と言えます。

料金

今回レンタルしたものは「KN-HW24E-R SHARP ヘルシオ ホットクック」です。
実際にレンタルするとなると14日間レンタルで5900円となっています(2020年9月時点)。

購入するとなると約5万円程度ですので、約10%前後といった感じでしょうか。
往復の送料込みでこの値段ですので、そこまで高いという印象はありません。

Image from Gyazo

開封

Image from Gyazo

今回は本体の箱のまま送られてきました。
中には「本体」「付属品」「説明書」「返送用伝票」が入っています。

ちなみに返送するときはゆうパックで集荷依頼をすることで、家にいながら返送することができます。

Image from Gyazo

まず最初に確認したのは「どれくらい大きいのか?」「設置することができるのか?」という点です。
横幅60cmのレンジ台のオーブントースターが入っていた所に置いてみましたが、上の写真の通り余裕がありました。
併せてティファールのケトルも置くことができるくらいの大きさです。

Image from Gyazo

ホットクックはフタを開けると結構高くなるのと蒸気も出るので、高さに余裕がある場所か、引き出せる収納に設置するのが良さそうです。

やってみた

トウモロコシを茹でる

いきなりの手動メニュー。
少量の水と一緒にトウモロコシを入れて茹でるだけ。
温度が低い状態から茹でていくのでとても甘く仕上がります。

ミールキット

Image from Gyazo

せっかく自動調理ならば限界まで楽をしてみようと試してみました。
ホットクックは圧力鍋ではないので途中で食材を足すことが可能です。
「蒸す」→取り出す→「炒める」→合わせて「炒める」ができるのはホットクックならではと思います。
ただ普通のミールキットだとフライパンなどで作る前提なので、水分量が少し多いかもしれません。
ですので、蒸す部分だけホットクックを使うなどもアリかなと思います。

肉まんをふかす

付属の蒸しカゴを使って蒸していきます。
電子レンジで作るといつも「まぁまぁ」という感じになってしまう肉まんですが、ホットクックで蒸すとお店で買ったようなふかふかの肉まんになります。
これから寒くなるので是非ともおすすめです。

無水カレー

Image from Gyazo

いろいろなところで「おいしい!」と言われている無水カレーも作ってみました。
確かに鳥の手羽元も柔らかく煮えており、非常においしかったです。

ホットクックの良さは「楽さ」

レンタル中に何回か使いましたが、「おいしさ」云々よりも「楽さ」を非常に感じることができました。
無水カレーも確かにおいしいですが、何より調理中に鍋の前にいなくていいことが何より良かったと感じました。
最初の「切る」工程のみで完成まで持って行けるのは使ってみないとわからない良さでした。

「ホットクック」は「鍋 + 調理する人」の代わりと考えるのが合っているかと思います。
完全に任せてしまってもよいですし、一部調理を任せるという使い方でもいいですね。

使ってみないとわからないことがある

どんなにWebでレビューを読んでも実際に使ってみないとわからないことは多くあります。
コロナ禍で外出も躊躇することが多く、量販店で実際に見てみるということもやりにくくなっています。
そんな中でも活用できるのがレンタルサービスの良さかなと実感しました。

確かに最初から買ってしまった方が安上がりかもしれません。
ただいくら良い製品とわかっていても、5万円以上もするので結構勇気がいりますよね。
「実際に使いこなせるのか?」「置き場所は大丈夫か?」など、悩むのであればとりあえず1回使ってみましょう。

今回は「KN-HW24E」をレンタルしましたが、2020年9月発売の「KN-HW24F」も2020年9月~10月の間にレンタルできるようになるとのことでした。
新モデルでは「低温調理に正式対応」や「フッ素コート内鍋」により更に便利になっています。
これからレンタルするのであれば、新製品のレンタルを待ってみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク