[撮影記]RX100M3で撮る「第29回神奈川新聞花火大会」

「夏と言えば花火!」というわけで2014年8月5日に開催された「第29回神奈川新聞花火大会」に行ってきました.
平日にもかかわらず約20万人が訪れたようでものすごい人の数でしたね.

今回使ったものは「RX100M3」「Manfrotto PIXI(ミニ三脚)」「有給休暇!」です.
子連れにもカップルにも負けずに撮ってきましたw

機材がしょぼいのは初参加ということで控えめにしたことにしときます.

スポンサーリンク

撮影場所

image 
せっかくの花火大会ということで有料スペースのチケットを買っていきました.
到着が18時半とやや遅めでしたが,余裕で場所を確保することができました.
やや木が被ってしまいましたが,それは来年への課題ということで.

花火大会スタート!

まだ完全に暗くなっていない19時から花火大会はスタートしました.
カメラの設定については「Mモード」「F:8」「SS:5秒」で撮影を開始しました.
事前に打ち上げ場所を確認していなかったので急いで画角を調整したのは言うまでもないw

RAWで撮影してコントラスト弄ったり,トリミングしたりいろいろしてます.

DSC01230.jpg

DSC01236.jpg
今回お気に入りの1枚.
バルブ撮影じゃないにも関わらずうまく写せたかなと思います.

DSC01241.jpg
木の陰が入ってしまって惜しい!

DSC01254.jpg
序盤は同時に上がる発数が少なかったこともあって,5秒露光でも綺麗に撮ることができました.

DSC01260.jpg
同時に何色もの花火が上がっていてとても綺麗でしたね.

DSC01271.jpg
羽を広げたように撮れていてびっくり.
目で見るのとはまた違って見えるのも写真の良さですね.

DSC01282.jpg
この辺から同時に上がることが増えてきて露光時間を変えようかなと模索中.

DSC01296.jpg
ここからは「SS:2.5秒」で撮影.

DSC01300.jpg
さすがにこれだけ同時に上がると白飛びしやすいですね.

DSC01344.jpg
この辺からは「SS:2秒」に.

DSC01376.jpg
そろそろタイミングを計って撮れなくなってきたのでシャッターを押すタイミングは適当にw

DSC01378.jpg
小さい花火を一気に開くのはものすごく綺麗だったなぁ.

DSC01408.jpg
開いてるそばから次が上がってよくわかんなくなってるw

DSC01419.jpg
DSC01435.jpg
DSC01442.jpg
19時から1時間.
あっという間に時間が過ぎ去っていきましたね.
間近で見る15000発の花火は圧巻の一言でした・・・

今回撮影した全ての写真はこちら↓

Screenshot of www.flickr.com
20140805_第29回神奈川新聞花火大会 – an album on Flickr

撮影後記

機材からもわかるとおり当初は真面目に撮るつもりじゃありませんでした.
が,会場に着いてみると結構撮れそうだったので撮ってみることに.
位置の関係から木が被ってしまっていますが,満足のいく写真が撮れたかなと思います.
コンデジでも三脚があればここまで撮れるんですねぇ.

実は今年の花火大会は7月26日の「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」に続き2度目.
写真がうpされていないのは三脚を持ち合わせていなくて撮ってないだけですw

どちらの花火大会でも言えることは有料席ならば三脚と一眼レフで撮影できるということでしょうか.
来年は真面目な機材で挑みたいと心に誓ったわけですw

実はこんな間近で花火大会を見るのは始めてで,「花火ってこんないいものなんだなぁ」と思い知らされました.
普通の花火のイメージしかない状態で見に行くと「最近の花火ってすごいな・・・」と思うこと間違いなしですね.

 

まだまだ花火大会は残っているのでまだ行っていない人は是非とも間近で見てみてもらいたいと思います.

あと花火大会で1番大変なのは帰りですね.
電車に乗るまで立川で2時間,横浜で1時間掛かりましたw
最寄り駅までのルートは事前に頭にたたき込んでおくことをオススメします.(迷いましたw)

今回はこの組み合わせでしたがやっぱりレリーズが欲しくなりましたね.

あと三脚は背が高い方がいいですw
コンデジなら安い三脚でも十分ぶれずに撮ることができます.

スポンサーリンク