[レビュー]ミラーレス買うならコレ!OLYMPUS OM-D E-M1 外観レビュー

2013年10月に発売されたオリンパスミラーレス一眼のフラッグシップ「OM-D E-M1」の外観レビューです.
※機材は@9bicさんに借りました.ありがとうございます!

スポンサーリンク

スペック

Screenshot of olympus-imaging.jp
ミラーレス一眼カメラ OLYMPUS OM-D E-M1|オリンパス

レンズマウント:マイクロフォーサーズ
画素数:1628万画素(有効画素)
撮像素子:フォーサーズ 4/3型 LiveMOS

撮影感度:ISO100~1600(拡張ISO25600)
シャッタースピード:1/8000~60秒

幅:130mm
高さ:93.5mm
奥行き:63.1mm
重量:443g

個人的に気になるスペックを挙げてみました.
撮影感度も100スタートとなり,シャッタースピードも1/8000秒に対応し,まさにフラッグシップと言えるスペックになっています.

機能強化と操作性の向上を実現したこともあり前モデルであるE-M5に比べると大きく,そして重くなっています.
※E-M5(幅:121mm,高さ:89.6mm,奥行き:41.9mm,重量:373g)

外観レビュー

撮影機材はEOS 5D MarkⅢ+EF24-70mm F2.8L II USM+430EX IIです.

4X3A0667.jpg
正面から.
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8を装着しています.

4X3A0668.jpg
E-M5と比べて大幅に持ちやすくなったグリップ.

4X3A0669.jpg
背面.
E-M5では押しにくかったボタンも改良されています.
ボタンもダイヤルも多くて(・∀・)イイネ!!

4X3A0670.jpg
E-M1でももちろん可動液晶を採用.

4X3A0671.jpg
上向きは80度.

4X3A0672.jpg
下向きは50度.
ローアングルもハイアングルも撮りやすい!
可動液晶についてはソニーのほうがなめらかで使いやすいですけどw

4X3A0673.jpg
上部.
操作性については文句ないレベルまで来てますね.

4X3A0674.jpg
見た目もカッコイイ!

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

上記で書いた「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」の他にも「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」,「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」も借りたので併せて外観レビューをしていきます.

4X3A0675.jpg
レンズフードの取り付け方が珍しいこのレンズ.

4X3A0676.jpg
このように伸びます!
すぐ使うことができる反面,レンズを外すときにフードを回してしまいがち.

4X3A0677.jpg
E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

4X3A0678.jpg
レンズフードを伸ばし,横から見ると結構長いです.
しかし軽いので使い勝手は○!

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

4X3A0679.jpg

4X3A0680.jpg
E-M1には単焦点レンズがよく似合う.
マイクロフォーサーズはレンズが小さいので持ち歩きやすいです.

編集後記

始めてじっくりマイクロフォーサーズのカメラを触りましたがこれはいいですね~.
E-M5のころに軽く触りましたが,グリップがなかったり,ボタンが押しにくかったりでちょっと残念だったのが,E-M1で見事に解決されていました.
今のところ人に勧めるミラーレス一眼はE-M1一択ですね.

4X3A0682.jpg
今回借りたカメラとレンズ.

最近はセンサー性能もよくなりマイクロフォーサーズでもAPS-Cレベルの高感度性能を発揮できるようになってきました.
レンズは前からよかったのですっかりAPS-Cを食ってしまった形ですね.
もちろん位相差AFを使う動体性能ではまだまだですが,普段使いなら断然E-M1がおすすめです.

ミラーレスにしては高いですが,それだけの力は秘めています.

ミラーレス一眼が欲しくて迷ったらE-M1を選んでおけば今のところ間違いはないです.
α7Rを持っている自分が言うのもあれですけど,使う楽しさはE-M1のほうが上だと思っていますしw

単焦点レンズのラインナップが多かったオリンパスですが,F2.8通しレンズも発売され,いろいろな使い方,遊び方ができると思います.

次回記事では実際にE-M1を使って撮った写真を載せていきます.

Screenshot of mizuka123.net
OLYMPUS OM-D E-M1で試し撮り!芝公園~秋葉原

スポンサーリンク