[レビュー]初めてのストロボ!CANON スピードライト430EX II開封レビュー

写真を撮るにあたって結構重要なのが照明.
どんなにいいカメラとレンズを使っても照明がダメだとなかなかいい写真は撮れません.

というわけで今回買ったのはキャノンのデジタル一眼レフ用ストロボ「スピードライト430EX II」です.
目的はやはり物撮りですね.
家でのレビュー用撮影やイベント時のフィギュア撮影用に買ってみました.

スポンサーリンク

スペック

最大ガイドナンバー・・・43
照射角・・・24~105mm
調光方式・・・E-TTL II/E-TTL/TTL

横幅x高さx奥行・・・72x122x101 mm
重量・・・320g

始めてストロボを買ったのでまず用語がわかりませんw

ガイドナンバー

ガイドナンバーとは発光量.
ということは数値が大きいほど遠くまで照らすことができるってことですね.

計算方式は「ガイドナンバー=距離(m)×F値」です.

430EX IIは43なのでF8にしても5mまでなら照らせるってことですかね?
これなら物撮りには使えそうです.
※買う前にやっておけとw

照射角

照射角とは対応している画角.
430EX IIは24~105mmのレンズに対応しているということになります.

ちなみに照射角によってガイドナンバーは変化するみたいですw
最大ガイドナンバー43というのは照射角105mmのときの数値で,広角レンズになるほど低くなります.

最大広角である24mmのときのガイドナンバーは25.
つまりF8に絞ると3mまでしか照らせないってことですね.

う~ん,ストロボはなかなか計算が面倒ですね・・・

開封!

気を取り直して開封レビューです.
撮影機材はα7R + SEL35F28Zです.

DSC04178.jpg
DSC04179.jpg
外箱.
始めてストロボ買いましたがコンパクトですね.

DSC04180.jpg
中身は本体(&ケース)と説明書.

DSC04181.jpg
DSC04182.jpg
DSC04183.jpg
DSC04184.jpg
まずは一周ぐるっと.

DSC04185.jpg
ライトの向きを変えてみました.

DSC04186.jpg
操作部.
この辺の操作も覚えないといけないですね.

eneloop pro

DSC04188.jpg
DSC04189.jpg
今回ストロボ用にeneloop proを買ってみました.
ストロボは結構電池を食うので普通の電池よりもこっちのがいい(はずw)

ストロボディフューザ

DSC04190.jpg
DSC04191.jpg
ネットでいろいろ調べてるとあったほうが便利らしいので買ってみたw
ディフューザを使うと光が柔らかくなるみたいです.

DSC04192.jpg
DSC04193.jpg
DSC04194.jpg
ディフューザを取り付けてみるとこんな感じ.

偽物もあるらしいので640円払ってディジタルサプライから購入しました.
外れにくくバッチリでした!

編集後記

以上開封レビューでした.
実はこのストロボを買ったのは2013年11月18日,そう「ゴールドラッシュ[プレミアム]キャンペーン」が発表された日なのです.
気づいた時にはすでに発送済みでした・・・

25000円で5000円キャッシュバッグはでかいですよね・・・
なんという不運・・・

まぁ気にしてもしかたないのでどんどん使って元を取るしかないですねw
とりあえずレビュー用撮影で使っていこうと思いますので,併せてファーストインプレッションを書いていこうと思っています.

ガイドナンバーとか照射角とか結構複雑ですが,とにかく実際に使ってみて覚えていきたいです.
習うより慣れろ!ということですね.

キャッシュバックは2014年1月13日購入分まで.
狙っている人は早めにIYHしましょう!

スポンサーリンク