6Dでのガラス越し夜景撮影のためにラバーフードを買ってみた

昨日はSEL1018の試し撮りと併せて6Dでも夜景撮影を行ってみました。

ガラス越しの撮影はガラスにくっつけないと室内の明かりが映り込んでしまうので,それを防ぐためにラバーフードを買ってみました。

エツミ ラバーフード 67mm E140
エツミ ラバーフード 67mm E140

ラバーフードとは

ラバーフードとは単純に「ラバー」でできた「レンズフード」です。
通常のレンズフードはプラスチックや金属製ですがラバー製なのでガラスにぴったりくっつけることができます。

6Dと普通のレンズフード
6Dと普通のレンズフード

iPhone5とエツミ ラバーフード 67mm E140
iPhone5とエツミ ラバーフード 67mm E140

iPhone5との大きさ比較。
67mmなのでわりと大きめですが,望遠用ではないので薄いです。

実際に取り付けてみた

6Dとエツミ ラバーフード 67mm E140
6Dとエツミ ラバーフード 67mm E140

ラバー製なのでクッション代わりにもなります。

ラバーフード最小
ラバーフードを最小にした場合

なかなかコンパクトな感じです。

ラバーフード最大
ラバーフードを最大にした場合

最大でもこのくらい。
一応最大にしても35mmだとケラれませんでした。

まとめ

用途としてはもちろん「ガラス越しの夜景撮影」。
というわけでラバーフードは常用しません。
最小時だとコンパクトなのですが材質がラバーなので結構カバンの中で取り回しが悪い。
なので必要なときだけ装着する形ですね。

6Dで手持ち夜景モード
6Dで手持ち夜景モード

今回は手持ち夜景モードを試してみました。
なかなか良い感じです。
といってもガラス越しの撮影はガラスに密着させるのである程度手ぶれは押さえることができます。
なのでRAWでもいいかなという感じ。

夜景はSEL1018用のワイドラバーフードが届いたらまた行ってみたいと思います。

夜景はやっぱりフルサイズ!
初めからレンズキットを買っておけばよかったと後悔・・・

スポンサーリンク